注意!松山市一番町の愛媛県公安委員会駐車場を使うとこんなひどい目に会うことが有る

5月9日市役所の用事で愛媛県公安委員会の(自称60分パーキング)駐車場を使わしてもらった200円で自動的に駐車チケット落ちてきた1時間分しか落ちて来ないのでちょっと短すぎるかもしれないなと思ったが他に選択肢が無いのでさして気にもせずオーバーしたら延長料金を支払えば済むだろう思い少なくとも民間の駐車場はそうである。30分ぐらい超過して出てくると何と駐車違反の切符が貼られているではないか、正に晴天霹靂である東署の公安委員会にいきなり駐車違反の切符は無かろうと猛抗議したが応対の女子職員は看板でそう言う趣旨の事を説明をしているの一点張り、しかしながら普通時間オーバーしたらいきなり駐車違反の切符を切る駐車場など少なくとも民間にはない延長料金を支払えば済むだけの話である。いくら看板で説明していると言ってもそもそも駐車場に入れるだけで上から下までの説明書全部読む人は先ずいない。常時利用している人なら知っているだろうが数年1回か初めての利用者は読むどころか二人に一人は看板の存在すら気がつか無いと思う私も指摘されて初めて看板の存在を知った具合で、そんな人間の盲点を突くような姑息な方法で駐車違反の切符切るような駐車場は(これは猪か何かを捕まえる為の罠と同じである。)さっさと閉鎖して民間に任せた方が時間を気にせず安全安心して駐車出来ると思う。あの場所なら駐車違反の切符をきるだけの駐車場(罠)を閉鎖してくれたら半年もたたないうちに民間のコインパーキングが出来ると思うから何も不自由にはならない現に今日(10日)もう一回市役所に行ったが若干距離はあったが民間のコインパーキングに止めたら150円の支払いで済んだ、愛媛県公安委員会の駐車違反の切符を切られる可能性の有る危険極まりない駐車場(罠)よりも多少離れていても民間の駐車場を利用しましよう。そしてドライバーの敵である危険極まりない愛媛県公安委員会の駐車場(罠)を閉鎖に追い込みましょう。