引っ越しシーズン到来

久しぶりの投稿です。引越し業者最大のフェスティバルの時期になりました。この時期法外な見積り価格がマスコミ等で取り上げられていますが、私のやらして頂いた引越しのお客様の中にも単身引越しのそれも大型家電&家具等無しの僅かな家財で10万円を優に超える見積り価格を言われてエーマジでウッソーなんてぼやいておられたお客様も数名おられましたが、でもひと昔前パソコンやスマホが無かった時代に比べると随分そういうのは減りました。経済学ではこういうのを情報の非対称性な~んて言うですよね、私も殆ど単身引越しですが、引越しをやっている端くれとしては複雑な気持ちです。何故なら大手引越し業者が料金を上げてくれるから我々みたいな零細業者にも多少なりとも仕事が廻って来るのであって、でなければ今頃は絶滅しているか絶滅危惧種に指定されているかどちらかだと思います。